混ぜるだけの”油そば”で、妊活調味料の酢をとろう!

本日のランチは自宅でひとりなので、簡単に。

器の中にタレの材料を入れ、麺をそこに入れて混ぜるという油そば風です。一人なので具も卵だけ。あとは刻みネギと海苔です。
今日は下の万能薬味があったので、彩りでトッピングしました。

関連記事

このところ真夏みたいな陽気なので、今週から、夏になったら作る薬味を作って食べています。 10年くらい前かな? 和食の鉄人、分とく山の野崎さんがテレビで紹介していたのがこの薬味。ハマりました。さすが野崎さん!と、毎年欠かさず作っ[…]

で、このメニューの妊活ポイントは、です。

 

酢の3大メリット

酢は妊活中、妊娠中の方にとっての3大メリットがあります。

1)血糖値の上昇をゆるやかにする
高血糖状態が続くと、卵子の質が低下するとされています。
妊娠中では、妊娠糖尿病につながる可能性があります。

2)鉄分の吸収率を高める
妊活中、妊娠中は鉄分を意識してとる必要がありますが、鉄分はなかなかとりにくい成分。
吸収率を高めてくれる酢のような食材を意識したいです。

3)減塩効果がある
とくに妊娠中は、むくみ妊娠高血圧症候群予防に減塩は大切です。

また暑い時期は酢の酸味がさっぱり感を与えてくれたり食欲を増進させてくれたりと、夏ならではの嬉しいポイントもあります。
なので、できれば毎日酢をとってもらいたいと思っているのですが…、酢の物以外になかなか酢を使う料理は思いつきませんよね。

そこで、今回は一品で酢を小さじ2もとれる麺レシピのご紹介です。

 

スポンサーリンク

「混ぜるだけの油そば」のレシピ

■材料(2人分)
中華麺 2玉

(タレ 1人分)
醤油、酢、ごま油 各小さじ2
砂糖、中華スープの素(顆粒) 各小さじ1/2

(具)
ゆで卵、チャーシュー、刻みネギ、のり等お好みで 各適量

■作り方
1.中華麺を茹でる。
2.器にタレの材料を入れて混ぜる。
※熱い麺をその中に入れるので、顆粒のスープの素が溶けていなくても大丈夫。
3.1を2に入れて混ぜる。具をのせる。

 

酢を使う夏ならではのレシピ

 

以下のメニューは酢を使うレシピになります。ご参考にされてください。

 

【葉酸レシピ】きゅうりじゃなくて、アスパラでバンバンジー(棒棒鶏)
バンバンジー

 

【ピタッと着床レシピ】ヨーグルトみたい!?豆乳サワードリンク

 

【ピタッと着床レシピ】豚こま肉をギュッとにぎって、やわらか酢豚!

 

納豆+酢は、妊活中・妊娠中のお得な食べ方!