【卵胞すくすくレシピ】1日分の亜鉛がとれる!カキのレモンバター炒め

9月から3月はカキ(牡蠣)が旬です。カキの栄養といえば、亜鉛! 亜鉛は、男女ともに生殖に欠かせないもの。亜鉛は妊活ミネラルです。

この亜鉛が、すべての食品中に一番多く含まれているのが、なんとカキなのです。

牡蠣にはレモンを合わせるべし

せっかく自炊をするのなら、美味しいのはもちろん、なるべく効率よく栄養がとれたら、より嬉しいですよね。

例えばカキに含まれる亜鉛は、レモンと一緒にとると吸収率がアップします。

つまり、定番のカキフライにレモン汁という食べ合わせは、とても理にかなっているメニューということです。

でも、ご家庭でなかなかフライは作らないと思います。ということで、カキとレモン汁と組み合わせたおすすめ簡単献立メニューをお伝えします。

かきのソテー

まずカキを焼いて器に盛ったら、そのままのフライパンでバターとレモン汁を熱してソースを作ります。それを器のカキにかければ完成。

このソースのおかげで、簡単なのに洗練されたお味に。

男女ともに妊活に必須の亜鉛です。ぜひご夫婦で召し上がってください。

スポンサーリンク

「1日分の亜鉛がとれる!かきのレモンバター」のレシピ

油がはねを防ぐため、カキ(牡蠣)の水気はきちんとふいてください。もし油が跳ねるようなら、フタをしてしまいましょう。ちなみに油がはねるとき、私はフタを洗うのが面倒なので、アルミホイルをかぶせて作っています。

■材料(2人分)

かき(牡蠣) 160g
A塩、こしょう 適量
A薄力粉 適量
オリーブ油 適量
バター、レモン汁 各大さじ1

■作り方

1.かきは片栗粉(適量/分量外)でもみ、水洗いして汚れをとる。水気をしっかりふきとり(加熱時はねないように)、塩、こしょうをして、薄力粉をまぶす。
2.オリーブ油を熱したフライパンで1を焼き、器に盛る。
3.そのままのフライパンでバターを軽く熱し、レモン汁を加えてソースにし、2にかける(はねるようならフタをしながら作る)。