【卵胞すくすくレシピ】秒速!?ただ混ぜるだけ!豆腐としらすの和え物

先日、46歳になりました。

で、誕生日に朝起きると、右手の人差し指が痛くて動かない!

 

誕生日朝から検索し、これはいわゆる更年期障害のへバーデン結節だと予測。

翌日整形外科に行ったところ、大当たり。

へバーデンでした…。

いずれ痛みはとれるようですが、進行すると指の変形がおきたり、曲がりにくさが残る場合も。

 

ということで、人差し指が動かないし、動かさないようバンドみたいなもので固定です。

失って初めて、人差し指の偉大さに気づきました。

とにかくどんなことをするのにも、以前の1.5倍はかかります。

もちろん料理もしにくく、、、なるべく包丁を使わないでできるものでしのぐ日々。

で、混ぜるだけでおいしいこの時期ぴったりの豆腐メニューがあった!と、久しぶりにつくったのがこちら。

 

なんだかくちゃぐちゃで、おいしくなさそう?(笑)

でも、さっぱり、そしてごま油のコクとしらすの旨味でおいしいですよー。

すりごまを白にすれば、見た目がきれいになるかな?(でも今黒ごましかなく…)

ちょっと味をこくすれば、ごはんに乗せて丼にしてもおいしい!

 

しらすは、卵胞発育や着床にも関わるビタミンDが効率よく摂れる食材。

そして木綿豆腐で鉄分がとれます。

そしてそして、、、秒速でできます!

 

■材料(作りやすい分量)

木綿豆腐 1丁(150g)
しらす 50g
すりごま、ごま油 各大さじ1
塩 小さじ1/8

■作り方

1.木綿豆腐をボールに入れ、手か泡だて器でつぶす。
2.ほかのすべての材料を入れ、スプーンで混ぜる。

 

栄養監修「生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術」(講談社)