【妊活のコツ】サバの缶詰でも栄養とれるんですか?

私はサバ缶が大好き、ヘビーユーザーです。なにせ常備ができて便利だし、料理にも使いやすいので。
でもそれを言うと、「缶詰でも魚の栄養とれるの?」と聞かれることがあります。

魚缶詰には栄養があるのか?

自信をもって「とれます!」と言えます。
妊活でいえば、魚(とくに青魚)を食べるメリットとしては、オメガ3オイル(オメガ3脂肪酸)が豊富にとれるということがあります。
オメガ3オイルは卵子の質や精子の状態、妊娠率に関わる報告が多数でており、妊活に欠かすことはできません。
このオメガ3オイルは、サバ缶だけでなく、いわし缶やサンマ缶、オイルサーディンなどにも多く含まれます。
そしてこのオメガ3オイルは、生の魚と缶詰を比べると、同等、もしくは缶詰のほうが上
サバ缶に関しては、缶詰のほうが多く含まれています。
またオメガ3オイルは体に良い脂という反面、酸化されやすいというデメリットがあるのですが、缶詰の中は真空に近いので、開封するまでオメガ3脂肪酸が酸化しにくいのです。
↑これはサバ缶で作ったポトフ
スポンサーリンク

妊活中から妊娠中も、魚の缶詰は食べるべき

魚缶のメリットはそれだけではありません。
サバ缶に限らず、魚缶は骨まで食べられます。よって、カルシウムも効率よくとれるのです。例えば、生のサバとサバ缶(水煮)を比べると、なんと缶詰のほうが40倍も多くカルシウムが含まれています。
妊娠をされたら、赤ちゃんの骨を作るため、カルシウムも非常に重要になります。なので、魚の缶詰は役立つ食材となります。
サバ缶だけでなく、いわし缶も今はブームですし、レシピも検索すればたくさん出てくるので、ぜひ缶詰も活用されるとよいですよ。
———————
明日(10/14)開催の授かるごはん講座(基本編)は残席1名です!本日17時まで受付ます。