妊活にも新型コロナ後遺症にも”亜鉛”が大切

先日のテレビ番組「健康カプセル!ゲンキの時間」で、新型コロナウイルス後遺症について解説がありました。

後遺症としてよくいわれている症状に、味覚障害嗅覚障害がありますよね。

新型コロナ後遺症外来の医師によると、味覚・嗅覚障害の方の血液検査では、亜鉛不足の方が多いそうです。

味を感じる部分の味蕾や、匂いを感じる部分の嗅球に炎症が起きると、味や匂いが分かりにくくなります。
これらの部分の細胞を正常にするために大切な栄養素が、亜鉛。亜鉛が不足をすると、細胞が復活できず、味覚・嗅覚障害を長引かせる原因の1つになるとされているそうです。

たとえば、嗅覚障害の場合に多いのが、鼻の奥にある上咽頭という部分の炎症。ここに塩化亜鉛を染み込ませた綿棒を塗布して炎症を抑える「Bスポット療法(上咽頭擦過療法)」という治療法があるそうです。

このように亜鉛は新型コロナ後遺症の味覚・嗅覚障害に役立つほか、新型コロナウイルスの感染予防、重症化予防にもつながるかもしれないといわれているとのこと。

そして妊活でも、亜鉛は重要です。
亜鉛は生殖ミネラルといわれており、男女ともに必要な成分です。

男性であれば精子の材料になったり、女性であれば卵子の発育受精卵の発育にも関係します。

なかなか聞きなれない成分ではあるかと思いますが、ぜひ日ごろから亜鉛をとる意識をしてみて欲しいと思います。

食材では、ダントツに亜鉛が多いのが、魚介の牡蠣(牡蛎)です。


牡蠣は、この季節から旬。もし苦手でなければ積極的に召し上がることをおすすめします。

また、牡蠣以外でおすすめなのは、

魚介類…タコやホタテ、イカ、カニ、シジミ
肉…牛肉や豚肉
大豆製品…納豆、油揚げ
乳製品…チーズ

たとえば、牛肉+豚肉+チーズで、チーズハンバーグといったメニューもおすすめですよ。

関連記事

9月から3月はカキ(牡蠣)が旬です。カキの栄養といえば、亜鉛! 亜鉛は、男女ともに生殖に欠かせないもの。亜鉛は妊活ミネラルです。 この亜鉛が、すべての食品中に一番多く含まれているのが、なんとカキなのです。 牡蠣にはレモンを合わせるべ[…]

かきのソテー
関連記事

いつも、亜鉛は生殖ミネラル、つまりは妊活ミネラルとお伝えしています。ご夫婦ともに必要な成分だ、と。 そして、その亜鉛がすべての食材の中で一番含まれているのは、牡蠣ですと。なので、牡蠣が嫌いじゃなければ、この時期せっせと食べましょうねと[…]

牡蠣のオムレツ
関連記事

牡蠣(かき)、大好きです。しかも、妊活に必須の亜鉛が非常に多く含まれているので、「3月までしか売ってないから、今のうちに牡蠣しっかり食べてね!」といつも講座にいらしてくれた方に言っています。   が、、、そんなこと言っ[…]

牡蠣のパスタ

参考)新型コロナ後遺症外来(健康カプセル!ゲンキの時間)