妊娠前に、「みそ汁、ヨーグルト、納豆」を食べていると、早期早産になりにくい

昨日、納豆の食べ方(酢納豆)についての記事をアップしたので、今日も納豆について。
昨年(2019年)、富山大学から発表されたものです。ざっとまとめるとこんなかんじです。

妊娠前に味噌汁、ヨーグルト、納豆を食べていると早産が少なくなる

妊娠37週未満の出産を早産といいますが、その中でも、34週未満の出産を「早期早産」と呼び、生まれた赤ちゃんが小さいと後遺症が残る可能性があります。
この早期早産の原因のひとつとされているのが、細菌感染。
ヨーグルトや納豆に含まれる乳酸菌や納豆菌は腸に働きかけ、免疫力アップや細菌やウイルスに対する予防をしてくれる働きもあります。
これまで欧米の研究から、ヨーグルトの摂取が早産のリスクを減らす可能性があるということが示されてきましたが、味噌汁や納豆といった日本食特有の発酵食品については検討されていませんでした。
研究グループは「妊娠前の発酵食品摂取頻度を約7万8,000人の妊娠女性を対象に評価し、妊娠期間の検討を行ったのは世界で初めてであり、画期的な結果だ」と、述べています。
つまり、以前から言われていますが、やはり発酵食品は体に良いということですね。
スポンサーリンク

今注目!納豆には若返り成分が含まれている

ちなみに、「人は血管から老いる」といわれていますが、納豆に含まれるポリアミンという成分は若返り物質ともよばれ、血管の老化を防ぐとされています。
このポリアミンがあらゆる食品の中でもとくに多く入っているのが、納豆!
ということで、ポリアミンの面でも今、納豆は注目されているのです。
苦手でなければ、ぜひ妊活の食生活に納豆を取り入れられるといいですね。
関連記事

今年1月に国立がん研究センターは、驚きの調査結果を発表しました。それは…   納豆を毎日食べると寿命が伸びる!   納豆は健康に良いとはよく言われていたことですが、なんと「納豆を毎日食べると寿[…]

関連記事

納豆は発酵食品で腸活に役立つのはもちろん、葉酸や鉄分などの栄養素も豊富。さらには体の炎症を抑え、アンチエイジング作用をもつポリアミンという成分も含まれます。 「納豆は体によい」というイメージは、まさにその通り。妊活中やマタニティ期間に[…]

納豆ピザ

栄養監修「生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術