今から知っておいて!② 妊娠したら粉チーズは使っちゃダメなの?

私のママ友で「妊娠したらチーズはダメだと聞いたから、チーズは食べなかった」という方がいます。

それは半分正解、半分間違い

妊娠をしたら胎児の骨のためにもカルシウムをしっかりととる必要があります。チーズなどの乳製品は吸収率の面で一番効率の良いカルシウム源なので、妊娠中はどんなチーズは大丈夫で、どんなチーズを避けたほうがいいかを知っておきましょう。

 

妊娠中の食中毒は致命的になることも…

妊娠中の食中毒はあなどれません

前回の妊娠したらイタリアンに注意!?で触れましたが、リステリア菌という食中毒菌というのは、妊娠中にかかると流産や生まれた赤ちゃんに影響がでることがあります。

「リステリア菌なんて知らなかった…」という方もいらっしゃると思います。
それも当然、あまりメジャーな食中毒菌ではありません。なぜなら、この菌は健康な人では感染をしても軽症で、自然に治るとされているからです。

ただし、妊婦さんは別
母体が重篤な症状になることはまれですが、胎盤や胎児へ感染し、流産や死産、生まれた新生児に影響がでることがあり、厚生労働省も注意喚起をしています。

 

スポンサーリンク

ナチュラルチーズかプロセスチーズかをチェック!

ナチュラルチーズにはこのリステリア菌がついていることがあるため、妊娠中に気を付けたい食品になります。

ここでお気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、チーズの中でもナチュラルチーズに注意ということです。

チーズには2種類あります。ナチュラルチーズとプロセスチーズです。

これらの違いは、加熱されているかされていないか。ナチュラルチーズは風味を楽しむものなので非加熱、プロセスチーズは保存性を高めるために加熱をしています。

リステリア菌は加熱により死滅するので、チーズの中でもプロセスチーズを食べるのであればOKです。

 

チーズの見分け方

では、どこでナチュラルチーズかプロセスチーズかの判断をすればよいかというと、パッケージ―の裏面や側面を見てください。
そこの種類別のところにナチュラルチーズかプロセスチーズのどちらかの記載がありますので、この部分の表記で判断してください。

 

粉チーズはOK? NG?

では普段使いやすい粉チーズはどうかというと、商品によってナチュラルチーズとプロセスチーズの両方があるのです…。
なので購入される際に、プロセスチーズと書いてあるものを確認して買うとよいでしょう。

ということで、外食でパスタを食べる際には、そのお店がどちらの粉チーズ(パルメザンチーズ)を使っているかわかりません。
なので私は妊娠中、念のため、「粉チーズはかけないでください」と伝えていました。

 

レアチーズケーキは? ベイクドチーズケーキは?

リステリア菌は加熱により死滅するので、ナチュラルチーズを使って作られているチーズケーキでも、オーブンで焼かれたベイクドチーズケーキなら心配はありません。
でも、レアチーズケーキは非加熱なのでリステリア菌の心配がある可能性があります。

よって、食べるなら、ベイクドならOK!

つまりピザやグラタンも、チーズがのっていてもしっかり加熱をされているものであれば大丈夫です。

以前、妊娠中の方から「夕食でチーズフォンデュを食べてしまいました、どうしましょう…」というご心配の連絡をいただいたことがあります。
チーズフォンデュのチーズはナチュラルチーズを使います。でも、食べるときにグツグツと加熱をしてから食べますよね。
なので大丈夫なのです。

 

どうしてもナチュラルチーズを食べたいときは?

日本の乳業メーカーが販売しているカマンベールチーズなどの製品は、たとえ原材料の表記でナチュラルチーズと記載があっても、製造の際や製造後に加熱殺菌をしている商品もあり、ナチュラルチーズでもリステリア菌の心配がないものもあります。

もし「ナチュラルチーズを食べたい!」という場合は、メーカーに「この商品はリステリア菌の心配はありますか?」と問い合わせてみるとよいでしょう。日本のメーカーのものであれば、加熱せずにナチュラルチーズを食べられるものもあります。

よく注意してもらいたいのは、外国から輸入された本場のナチュラルチーズです。

カルシウムは本当に意識をしないと十分量はとれません。
ぜひ、妊娠中も気を付けながらチーズを楽しんで、カルシウム補給に役立ててくださいね。

参考)リステリアによる食中毒(厚生労働省)