【私の不妊治療(29) 】妊娠超初期症状 ~私の場合~

私は新宿アートクリニックで4回体外受精をしました。
1回目は移植後、数日してから、おへその下がピリピリ、太ももの上のほうもピリピリと、今まで感じたことのないピリピリ感を毎日感じました。
すぐさま検索をし、これが”妊娠超初期症状”と呼ばれるものだと知り、妊娠しているかもしれないという期待が・・・!。
でも結果は、着床はするも、6wで流産に。
そして2回目、3回目も妊娠超初期症状はあったものの、結果は化学流産に。
そして今の娘が産まれた4回目の体外受精では、妊娠超初期症状は全くなし…。
だったので、絶対に妊娠していないと落胆していましたが、この子がHCG100を超えての着床となりました。
ときどき、「移植をしたんですけど、妊娠超初期症状がないんですよね。だからダメだと思っています…」とお話してくれる方がいらっしゃいますが、こんな私のパターンがあるので、「一般論ではいえない例外パターンもあるから前向きに!」とお伝えしています。
今、妊活されている方だけではなく、妊婦さんにも栄養指導をしていますが、お話を聞けば聞くほど、つわりや体調の変化は、百人百様。
だから妊娠反応もいろいろなパターンがあるのかもしれないなと思っています。
このブログを見て、ちょっと前向きになってくれた方がいらっしゃれば、うれしいです。
関連記事

「どの病院がおすすめですか?」「病院はどうやって選べばいいですか?」とよく質問されます。 私が体外受精をするために加藤レディースクリニック系列の新宿アートクリニックを選んだのは、乳がんの経験があったからです。 乳がんの主治医から、薬[…]

日記
スポンサーリンク