【私の不妊治療(30)】 病院の選び方

「どの病院がおすすめですか?」「病院はどうやって選べばいいですか?」とよく質問されます。
私が体外受精をするために加藤レディースクリニック系列の新宿アートクリニックを選んだのは、乳がんの経験があったからです。
乳がんの主治医から、薬剤をある程度使用する体外受精だと乳がんが再発する可能性があるといわれ…
1.なるべく薬剤を使わない体外受精
2.薬剤を一定量使う体外受精の場合は、それによる女性ホルモンの量を調整をする必要があるため、さらなる薬剤を投与する方法
この2つの方法のどちらかにしてくださいと言われました。
2番目の方法だと、そんなに薬剤を使って体は大丈夫なのだろうか?と心配になったので、私は1を選びました。
そうすると、当時は加藤レディースクリニック(KLC)のやりかたしかありませんでした。
そして当時はKLCは非常に待ち時間が長かったので、新設ほやほやの新宿アートクリニックのほうが待ち時間が少ないだろうと思い、そちらにしました。
ということで、私は病院を選ぶといった環境にありませんでした。
でも、自分の一生を左右するかもしれない病院です。ダメとはわかっていても、他の病院の説明会にも行きました。
すると、病院ごとにカラーが明確に違うことがわかりました。
例えば、薬剤の使用量、薬剤の使用時期、採卵のやり方、年中無休かそうでないか等々。
細かい点まで挙げればまだまだたくさん違いはありました。
幸か不幸か、私が行ってみたいなと思っていた病院は、「乳がん経験のある人は、当院のやり方について、主治医から100%の承認がおりなければ当院では受け入れられません」と言われてしまったので、諦めがつきました。
なので私は病院を選ぶという経験をしていませんが、でも、一生を左右するかもしれない病院選びです。
安易に一度通うと転院するのがおっくうになると思います。
だから、いろいろなところの説明会に行って比較検討してほしいと思っています。
そして自分が納得できるところに通ってほしい。
友人が○○に通院して妊娠したから、、、ではなく、自分が「ここで!」と納得した病院がいいと思っています。
だって、友人と自分の体は違うから、同じ治療法では妊娠できないかもしれない。
時間は刻々と流れています。
女性の卵子は、時間が経過するのと比例して老化していきます。
だから、「あれ?これでいいの?」と心配になるような病院に通うのは時間がもったいないと思います。
もちろん、通ってみて初めてわかる違和感もあると思いますが、自分が納得して選んだ病院であれば後悔も少ないと思いますし、他院と比較検討した結果であれば、その時点で情報はいろいろ頭にあるので、より自分にあったところへの転院(病院選び)もスムーズになると思うのです。
いくつかの説明会に行く、不明な点はしっかり質問して解決し、自分が納得できる病院に通う。
私はこれが病院選びのコツだと思っています。