【私の不妊治療(14)】人生って、何が起こるかわからない

乳がんの手術をして2週間後、摘出した腫瘍の解剖結果を聞きに病院へ。
解剖をして腫瘍の性質がわかることにより、その後の治療が決まるとのこと。
転移はしていなかったので、放射線に通うということになるんだろうなあと、重い足取りで診察室へ。
…ほんと、人生、何が起こるかわからないものです。
なんと、、、、、、、
「摘出した腫瘍からがん細胞は見つかりませんでした。きっとマンモトーム生検(手術前の検査)のときにがん細胞を全部とってしまったと考えられます。よって、放射線やホルモン剤などの今後の治療は必要ありません」ということでした。
先生いわく、このようなケースは、5年に一度あるかないかの確率だと。
きょとーん。。私、ガン細胞がないのに手術しちゃったわけ?
こんな私の気持ちを読み取ったかのように、「でも、マンモトーム生検のときにがん細胞は摘出されました。だから、乳がんは乳がんだったんですよ」と先生。
でも、、、でも、、、よかったーーー!!
マンモトーム生検をしてくださった女医さんに感謝してもしきれません。
あのときは、若いけど大丈夫?ちゃんとできる?と疑ってしまった私。本当にごめんなさい。本当にありがとうございます。
今まで宝くじとか買わなくてよかった、運ためといてよかったと真剣に思いました。逆に、ここで人生全部の運を使ったと思いますが。
そして、がんの治療をしなくていいといわれた瞬間、早く人工授精を始めようと思いました。
関連記事

乳がんの傷が癒え、会社に復帰してまもなく、家から近い、そしてなにより乳がんで通院して聖路加病院の雰囲気が好きになったということで、聖路加病院で人工授精をすることにしました。 医師から言われたのは、「人工授精は1回目から3回目までの妊娠[…]

日記
スポンサーリンク