【葉酸レシピ】缶詰だと意味なし!生のとうもろこしで炊き込みごはん

今が旬のとうもろこし。
とうもろこしの栄養というと、食物繊維が思い浮かぶかもしれません。
確かに食物繊維も多いのですが、実は、葉酸も多く含まれています。
葉酸は妊婦さんに大切な栄養素のイメージかもしれませんが、妊活でも欠かせません。
葉酸は胎児の障害のリスクを減らしてくれる働きのほかに、正常な細胞を作るためにも必須とされる成分です。
受精卵、そして胎児が大きくなるには、正常な細胞が無数に作られるための激しい細胞分裂が必要です。
ということは、葉酸がとても重要になるということです。
ただ、手軽なコーンの缶詰だと葉酸は多くはありません。
生に比べると1/5以下。
ぜひ今が旬の生のとうもろこしを食べましょう!
食べ方としては、茹でてそのままかぶりつくのが一番おいしくて一番簡単だと思いますが、今日は炊き込みご飯で。
塩気が薄いので、おかずと一緒に召し上がってくださいね。
■材料(作りやすい分量)
米 2合
とうもろこし 1/2本
塩 小さじ1
昆布 5㎝角1枚(妊娠中の方は昆布は入れないで作ってください)
■作り方
1.とうもろこしは生のまま包丁でそぎ落とす。昆布は4等分くらいに割る。
2.炊飯器に米を入れて水加減をし、材料を全て入れて炊く。
スポンサーリンク