妊活で必須のビタミンDが多いきのこ、ベスト5!

近年、妊活で非常に注目を集めている栄養素が、ビタミンDです。

一般的にはあまり注目を浴びることがないビタミンDですが、なんと卵胞の発育着床にまでかかわるということがわかってきました。

多く含まれる食べ物はきのこと青魚。

ただし残念ながら、大半の女性がビタミンD不足であるという現状なので、意識してとることが大切になります。

妊活でおすすめのキノコはどれ?

秋はきのこが旬です。せっかく食べるなら、効率よくビタミンDがとれると嬉しいですよね。

そこで、スーパーで手に入れやすいきのこを、ビタミンD量が多い順番に並べてみると…

1位 きくらげ(ダントツに多い!)
2位 まいたけ
3位 干ししいたけ
4位 エリンギ
5位 えのき

そして、しめじ、生しいたけと続きます。

どうでしょう? みなさんがよく召し上がっているキノコは入っていましたか?

 

たとえば、鍋料理がおいしく感じる季節に突入しましたので、鍋にベスト5のきのこを入れてしまえば簡単にとれるはず。

簡単に調理できる、きのこのホイル焼きもおいしいですよ。

また、最近ランチで食べに行った定食に、「えのきとめかぶの酢の物」がついていて、地味ながらおいしいなあと。

で、真似をして作ってみました。

スポンサーリンク

簡単!「えのきとめかぶの酢の物」のレシピ

えのきとめかぶ、きのこと海藻ということで、どちらもうまみが多いのかな? 出汁を使わずに、醤油と酢だけで味が決まりました!

地味すぎるメニューですが、なんだか食べると落ち着く献立です。

■(作りやすい分量)
えのき 1/2袋
めかぶ 1パック(40-50g・味付けではないもの)
醤油、酢 各小さじ1

※めかぶは、私はセブンプレミアムのたれとめかぶが別々になっている3パック1セットのものを1パック(45g)使用しています。

■作り方

1.えのきは石づきを切って2-3㎝幅に切り、ほぐしながら器に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで約40秒加熱する。
2.1とめかぶ、醤油と酢を混ぜ合わせる。
※この倍量で作り、余った分を蕎麦などの麺の具にしてもおいしいです。