【妊活のコツ】人工甘味料ってどうなの?

たとえば、あなたが今飲んでいるドリンク(清涼飲料水)のパッケージにある原材料名を見てみてください。
”果糖ぶどう糖液糖”と書いてありませんか?
もし書いてあったらちょっと注意を。甘み成分の”果糖ぶどう糖液糖”をとり過ぎる食生活は、血糖値の急上昇(血糖値スパイク)を引き起こし、妊娠を遠ざけるとされています。
またこの前、「甘いものが大好きなんです。でも妊活しているので、お菓子は控えたほうがいいのはわかってるんですけど…。ちなみに、血糖値を上げないといわれている人工甘味料はどうですか?」と質問を受けました。
代表的な人工甘味料はパルスイートなどに使われている「アスパルテーム」、ダイエットコーラなどに使われる「アセスルファムカリウム」、また「スクラロース」「サッカリン」があげられます。
一般的には砂糖より、これらの人工甘味料のほうが血糖値が上がらず、ダイエットや糖尿病予防に役立つとされています。
でも、それは違うかもしれないということが言われ始めました。
・甘いものを食べたのに、カロリーがないから、脳は別の食べ物からカロリーをとろうするのではないか。
・甘味料が腸内細菌のバランスを崩すので、食べたものがうまく代謝されないのではないか。

ということで、長い目でみると減量や糖尿病予防には役立たないのでは?という内容になっていいます。
つまり人工甘味料は、直接、血糖値の急上昇は起こさなくても、間接的に糖代謝に影響を与えている可能性があるので、妊活中は念のため、できれば控えたほうがいいのではないかと思います。
結局、甘いものを食べたいときは、ケーキでもなんでも、砂糖を使っているシンプルなもの(添加物があまり使われていないもの)をちょこっと堪能しながら食べるのがいいと思いますよ。
関連記事

妊活講座でだいたい毎回質問を受けるのが、甘いものやお菓子に関すること。 「甘いものは控えたほうがいいんですよね?でもストレスがあると無性に食べたくなって…」「食べないほうがいいと思いながら、つい食べちゃうんです。それで食べてから後悔するん[…]

シフォンケーキ

参考)人工甘味料と糖代謝

スポンサーリンク