【葉酸レシピ】葉っぱを使い切る!かぶの葉ごはん

かぶ(蕪)を料理するとき、葉もちゃんと使っていますか?

実は、かぶという野菜は、白い根のほうにはそんなに栄養は含まれません。逆に葉には、葉酸や鉄分、ビタミンCなど、その他さまざまな成分がギュッと詰まっているのです。

かぶは、白い根のほうは妊活食べ物ではありませんが、葉の方は妊活食材です。

でも…、かぶの葉って、使いにくくないですか?(私だけ?)

細かく刻まないとかたくて口当たりが悪いから、ふりかけくらいしかレシピがない…、とりあえず煮物に彩りで入れちゃえ…、気づいたら野菜室でしなしなになってた…、とかいうことはありませんか?

かぶの葉を一気に使う方法

そんな使いにくいかぶの葉を一気に消費する方法があります!

それは、細かく刻んで炊き立てのごはんに混ぜる、という方法です。しかも生で使うから、塩もみなどの手間もなし。

「こんなに葉を使うの!?」と思うかもしれませんが、炊飯されたごはんの熱でカサがグンと減り、ちょうどいい分量になります。

スポンサーリンク

「葉っぱを使い切る!かぶの葉ごはん」のレシピ

このレシピは、妊婦さん用の葉酸&鉄分レシピとして試食でお出ししたことがあるのですが、「あんなにあった葉っぱが、すごく少なくなった!」「この食べ方は簡単でいいですね」とご好評いただいたことがあります。手前味噌ですが、よろしければ、ぜひどうぞ!

材料(作りやすい分量)

米 2合
かぶの葉 100g(適当でも大丈夫)
しらす 50g
塩 小さじ1
すりごま 適量

作り方

1.洗った米を炊飯器に入れ、水加減をする。
2.塩を入れて混ぜ、しらすも加えて炊飯する。
3.炊きあがったら細かく切ったかぶの葉、すりごまを加えて混ぜる。

スポンサーリンク