【授かるベーシックレシピ】切るのはスーパーにお任せで!さんまのかば焼き

秋刀魚(さんま)の季節がやってきました!

もし塩焼きに飽きてしまったら、こんな蒲焼きはいかがでしょうか?

このレシピを以前、受講者の方にお伝えしたら「今まで塩焼きしかやったことがなかったけど、これ、おいしくできました。気に入りました!」とおっしゃってくださったことのあるサンマレシピです。

かば焼きは、さんまを開いて骨をとった状態のものを使います。

そして私はそれを3等分にして作るのですが、3等分に切るまでは全部スーパーの鮮魚売り場の方にお願いしています。

「開いて骨をとって、1枚を3等分にしてください」と。

 

魚の何が嫌って、包丁とまな板と手が汚れること…。

なので私は極力、鮮魚売り場さんに頼れる範囲はすべてお願いします。

そうするとすごく楽!(鮮魚さん、ありがとう!)

断然、魚料理をする気力がわいてきます。

 

しかも青魚には妊活になにかと役立つオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているのですが、さんまは青魚の中でもトップといっていいほどの量を含んでいます。

秋はさんまを積極的に食べるといいですよ。

参考)日本食品標準成分表2015年版(七訂)

■材料(2人分)
さんま(開いて骨をとる) 2枚(2尾分)
片栗粉 適量
醤油、みりん、酒 各大さじ1・1/2
ごま油 適量
■作り方
1.さんまは1枚を3等分に切る。
2.ポリ袋に1と片栗粉を入れ、息で膨らませて風船状にし、手でふって粉をからめる。
3.フライパンにごま油を熱し、2を焼き、調味料をすべて入れてからめる。汁気が多少ある状態で完成。
スポンサーリンク