【私の不妊治療(9)】全国病院別 乳がん手術件数ランキング

両親に乳がんの可能性が高いと報告したところ、母親が「そういうときのためにとっておいたのよ!」とゴソゴソ棚から新聞の切り抜きを出してきました。
「全国病院別 乳がん手術件数ランキング」と書いてありました。
乳がんが得意な病院に行った方がいいとアドバイスされ、ちょうど全国2位が近所の聖路加国際病院だったので(一位は癌研だったはず)、そこでセカンドオピニオンをすることになりました。
後日、聖路加病院の「ブレストセンター」という乳房専門の診療科へ。
医師に今までの経緯を説明し、今の病院で2週間以内に手術しましょうと言われていること、手術をして乳がんでなければそのまま閉じますと言われていることを伝えたら「うーん、、確実に乳がんだと診断がついてから手術をするのがよいですね」と言われました。
”やっぱり!だよね、だよね”と先生に深く同意。
聖路加に転院をさせてくださいとお願いをし、精密検査を受けることにしました。
まずはその場で、組織診というものをすることになりました。
専用の針をしこりに刺して組織を切り取る検査です。
採血が嫌いな私にとっては、またまたハードな検査。
診察台に寝て、私の心を落ち着かせるためか電気を暗くされ、グサッと針が刺されると、バチバチッと大きな音が鳴ります(この音が組織を切り取っている音らしい)。
心臓ばくばく、、汗だくだく。。。
そして胸からなにかしたたる感触。
これは流血してるんだ…と気が遠くなりそうでしたが、終わってから見たら、ジェルみたいなものでした。
思わず自分のビビり加減に失笑!
検査結果は後日。
この後日って、ほんとイヤです。
不妊治療でも、妊娠判定が出る間はそわそわ落ち着かないし、こういう待ち時間というのは、どういうシチュエーションでも、本当に好きじゃないです。
関連記事

組織診の検査結果を聞きにいきました。 先生「がん細胞は検出されませんでした」 私「本当ですか!じゃあ、がんじゃないんですね!」(超笑顔、やったー!) でも、先生は表情を変えない。 先生「でも、もう一回だけ検査させてください」[…]

日記
スポンサーリンク