【私の不妊治療(3)】タイミング法妊活の現実

後日、排卵日近くに通院し、「あと数日で排卵しそうなので、今日から夫婦生活をしてください」と言われました。

その頃の私は、子供が欲しいくせに、かなり無知でした。

排卵前に精子が子宮の中に入っていたほうが妊娠しやすいとのこと。
そう説明をされ、納得。

「できれば、今日から3日間くらい、毎日夫婦生活をもってください」

えっ???

「そのほうが妊娠の確率が上がります」

毎日!? そんなの無理だよ~!

…とは医師に言えません。

はい、わかりましたと答えて診察室をでました。

主人に言わなければ…。

そもそも通院の目的を話していないのです。
なんて言おう?

迷った挙句、一気に今までの通院のこと、今日夫婦生活を持ったほうがいいということをメールしました。

でも、今日は水曜日。平日です。仕事でお互い疲れています。
今日から3日連続で、とはさすがに言えませんでした…。

主人からの返信は、端的に「了解です」と。
ほんとに了解なわけ?! で、それだけ?あんなに私、文章打ったのに、もっと装飾した言葉で返信ちょうだいよ~(心の声)。

関連記事

「今日からタイミングをとってください」との医師からの指示…。 私は会社を午前半休とっていたくせに、定時に退社しました(私の会社は、定時にはとても帰りにくい会社でした)。 でも、これから夜に大仕事が! 私は平日はすぐに眠くなってしま[…]

日記