【私の不妊治療(25)】妊娠率10%、出産率5%といわれた胚盤胞。でも…!

前回、初めて胚盤胞ができました。
今回4回目で、それを移植することに。
移植前、培養士さんに「この胚盤胞は、グレードとしては決して良くはありません。妊娠率は10%、出産率は5%ほどでしょう。でも、移植しますか?」と聞かれました。
答えは、「もちろんです!」
だって、それしか今受精卵はないんですもの。
移植後、数日たつと今までは必ず、おへその下がピリピリする、太ももがピリピリするといった妊娠超初期反応がありました。
そして毎回HCGの値は低かったですが(流産)、着床していました。
でも、今回はなにもありません。
おへその下から下半身が、シーンとしています。
ピリピリ感をいくら感じよう、感じようと思っても、何も感じません。
あーあ、だめだったんだ…と思い、毎回移植後はけっこうおとなしく過ごしていたのをやめ、アクティブに好きなことをして過ごそうと決めました。
普段はしないピクニックに行ったり、仕事のイベントで重いものを持ったり、たくさん動いたり。
で、今までで一番緊張せずに妊娠判定を聞きに行きました。
聞きにいくの面倒だなーなんて、全然やる気なしで行くと、、、、HCGが109.2。
きちんと着床していました!!!
この数値は本当なのだろうかとぽかーんとしてしまいました。
妊娠超初期反応なかったんだけど。。。
ということで、この子が今の娘になるわけですが、今、妊活されている方のお話を聞くと、ときどき、「胚盤胞のグレードが低いんです」とおっしゃる方がいます。
でも、私は妊娠率は10%、出産率は5%といわれた胚盤胞でも元気な子どもを産むことができました。
だから、グレードで落ち込まないでほしいと思っています。
グレードは胚盤胞の表面上の様子で決められます。だから、質はわかりません。
今もし、グレードの低い胚盤胞しかないと落ち込んでいる方、私のようなパターンもあります。
どうぞ希望をもって移植にのぞんでくださいね。
そして…妊娠反応に浮かれ、「今までと違って、好きなように生活してたからよかったのかしら?」なんて思って、引き続き好きなように生活していたら、、、次回の胎嚢確認でショックなことが…。
関連記事

移植後、毎回慎重に生活していたのをやめ、好きなようにアクティブに過ごしていたら、しっかりした数値で着床!ということで、あんまり 気にしすぎるとよくないのかもと妊娠判定後もやりたいことをやりたいように過ごしていたら、、、胎嚢確認でショッキン[…]

日記