【私の不妊治療(16) 人工受精終了…】

その後、仕事の関係もあり、毎月とはいかなかったけれど、人工受精をしました。
合計6回。
そう、医師が6回までやってダメなら、もう人工受精ではあきらめてくださいという限度の6回です。
6回すべてなんの反応もでませんでした。
医師いわく、1回目から3回目までは妊娠率が高い傾向にあるという言葉を信じて、3回目までは前向きに取り組めましたが、4回目からは不安を持ちながらの人工受精。
6回目は、最後の願いを込めて、主人が会社を半休して、付き合ってくれました。
私が診察台に乗った時点から付き添っていいということで、人工受精が終わって安静まで、ずっと手を握ってくれていましたが、願い叶わず。
なかなか立ち直れませんでした。
そんな飲めないのに、飲んだくれました(笑)
次は体外受精にステップアップ…。
でも、私は採血でも倒れてしまうくらいの小心者。
正直、体外受精はためらっていました。
が、主人にこう言い切られました。
「体外受精をしないという選択肢はない」
当時、東尾理子さんが第一子妊活のため、体外受精をしていることをブログで公表していました。
今では芸能人が妊活をしているのを公表するのは珍しくありませんが、当時は非常に珍しいことでした。
私は毎日、理子さんのブログを読んでいました。
そして、とても前向きに体外受精をしている理子さんの姿を拝見して、くよくよ思い悩んでいる私と正反対の生活をしていることに尊敬の念を抱くとともに勇気をもらい、主人と聖路加国際病院の体外受精説明会に参加しました。
関連記事

聖路加病院の体外受精は、当時、自己注射を使うものでした。 採血嫌いの私も腹をくくり、「よし、やるしかない!」と決心したのですが、一応、最後の質問タイムで「私、乳がんの履歴がありますが、大丈夫でしょうか?」と聞くと、「乳がんにかかった方は別[…]

日記
スポンサーリンク