【妊活のコツ】パセリの冷凍で、見た目も栄養もアップ!

パセリをわざわざ購入される方はそう多くはないと思っていますが、私は料理の彩りを良くするために、パセリを刻んで冷凍しています。

たとえば、これはトマトを切って塩とバルサミコ酢とオリーブ油で合えただけのトマトサラダ。

それにパセリをかけると、一気に見た目がおいしそうに感じませんか?

以前自宅で料理のデモンストレーションを行ったとき、せっかくだからとレシピにはなかったパセリのみじん切りの冷凍をミートソースパスタにかけたら、「それだけで全然違う! これ、家でもやります」とおっしゃってくださった方がいました。

私にとってはいつものことだったので、なんの気なしにしたことだったのですが、そうおっしゃってもらえたので、こういうコツもお伝えするとどなたかのお役に立てるかな?と思って。

しかもパセリは脇役ですが、その栄養価はほかの野菜を圧倒するほどの高さです。

たとえばカルシウムは牛乳より上、葉酸はほうれん草より上、ビタミンCはレモンよりも上といった具合に、カルシウム、鉄分、ベータカロテン、ビタミンE、葉酸、ビタミンCなど、どれも妊活中の体を整えてくれる成分が豊富。

1回に食べる量は少ないので、とれる栄養素の量も少ないですが、それでも日常使いすることによって栄養の底上げをしてくれます。

作り方は、一点だけポイントが。


それは、洗ったらよく水気を拭き取ってから刻むこと!
水気があると、冷凍したときにガチガチに凍って取りにくくなります(経験済み)。でも、もし取りにくくなってしまったら、フォークなどでほぐすととりやすくなりますよ。

水気をしっかり拭き取ってから凍らせると、パラパラに。

これはパセリ一袋分を刻んだ状態です。

それをジップロックの保存容器に入れて凍らせています(これは凍らせる前です)。

でも、使いこなせる自信がない方は、パセリを大量使いするこんなトーストはいかがでしょうか?

このパセリトーストは、一気に買ったパセリがなくなるほど使うレシピです!

関連記事

外出自粛の現状では、朝昼晩と3食自炊をしなければならないこともあると思います。 カップラーメンや冷凍食品などの利用を否定することは全くないのですが、この現状を利用し、手軽に自炊できるメニューを増やしておきませんか? 今、自分だけの簡[…]

パセリトースト

参考)日本食品標準成分表2015年版(七訂)