【授かるベーシックレシピ】さば缶で簡単!さばミートソースパスタ

妊活では、お肉より魚を食べる頻度を多くしたほうがよいとされています。

でも、肉料理のほうが手軽じゃないですか?
私はそう。お肉のメニューなら思い浮かぶんですよね、毎日の献立。
「魚食べなきゃな」と思うと、何にしよう?と迷います。

私のような方も多いと思うので、そんなお魚料理にお困りの方に向けて、今日はミートソースを魚バージョンで!

スポンサーリンク

サバ缶は、ひき肉の代わりに使える!

こちらのミートソースを、さば缶(水煮)で手間なく簡単に作りましょう。

そう、さばの水煮はひき肉の代わりとして使えるのです。

私はさばを妊活ベーシック食材としているのですが、生のさばでなくても、缶詰でも栄養的にOKです。
そして私は、さば缶愛用者。なにせ使い勝手がいいので、時短料理に最適だと思っています。

不妊治療をされている方で、働いている方は非常に多いです。少しでも時短でお料理をするのに、さば缶だけでなく、いわしやさんまなど、魚の缶詰はツカえますよ。

下のレシピですが、もしあればバジルやオレガノなどの乾燥ハーブを入れるとグッと洗練された味になります。でも、なければ入れなくてもOK。

ちなみに、サバの水煮をひき肉代わりにするその他のレシピとしては、ドライカレーや肉そぼろによくしています。ご興味のある方は、一度お試しあれ。ご家庭のレシピのひき肉をただ、さばの水煮に代えて作ればおいしく作れます。

「さば缶ミートソースパスタ」のレシピ

レシピでは赤ワインを入れていますが、なければ入れなくても大丈夫。入れると大人っぽい味になります。

また、サバ缶の汁はすべて鍋に入れて作ってください。汁にも妊活に良い脂(オメガ3オイル)がふんだんに含まれているので。

材料(作りやすい分量)
スパゲッティ 90g(1人分)

(さばミートソース;作りやすい分量)
さば缶(水煮) 1缶(190g)
たまねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
カットトマト缶 1缶(約400g)
赤ワイン 大さじ5
醤油、ウスターソース 各大さじ1
塩 小さじ1/2
あれば、バジルやオレガノなどの乾燥ハーブ 適量
オリーブ油 適量

作り方
1.たまねぎとにんにくはみじん切りにする。
2.オリーブ油をひいた鍋かフライパンに1を入れて火にかけ、たまねぎがしんなりするまで炒める。
3.さば缶を汁ごと入れ、ヘラでつぶしながら細かくほぐす。
4.トマト缶と赤ワインを入れ、数分煮詰める(ヘラで筋をつけたら、ゆっくりその筋が戻るくらいまで煮詰める)。
5.醤油、ウスターソース、塩、あれば乾燥ハーブを入れ、ひと煮立したら茹でたスパゲッティにかける。

スポンサーリンク