【私の不妊治療(番外編)】乳がんから10年

36歳で乳がんの手術をしてから、10年が経ちました。
今日、健診に行き、10年再発しなかったので完治ということになり、手術をしていただいた聖路加国際病院を無事卒業してきました。
私の人生、いつも思う通りにはいかないので(笑)、今回の最後の健診で再発してたりして、、、と少し前から不安になっていたのですが、ホッとしました。
結婚して2年目に乳がんが見つかりました。
当時の私は子供が欲しくてほしくてたまらなかったとき。
幸い私のケースは術後に抗がん剤や放射線、ホルモン治療等をする必要がありませんでしたが、手術前はどれかの治療は必要になると言われていて、そのために妊活は数年できないと言われていました。
私の場合は早期発見でした。もし進行していたら、今、娘はいなかったかもしれないと時々思います。
乳がん、子宮がん検診、していますか?
されていなければ、ぜひ検診に行って欲しいと思います。
私は大丈夫、と思わないでください。
私だって、「まさか私が…」と思いました。
子どもを授かるためのひとつに、検診に行くというのはとても重要だと思っています。
妊活されている方で行かれていない方は、ぜひ検診に行って欲しいと思います。
ブレストセンター(診察の科)に入った時間が14;45でした。
診察室のテレビではその1分後、黙とうが捧げられました。
今日、乳がん健診に不安な思いを抱えながら行き、そして東日本大震災から8年、当たり前の日常は当たり前ではないんだと改めて実感しました。
自分が今ここにいられる、生きている、本当に、すべてのことに感謝です。

—–

スポンサーリンク