【ピタッと着床レシピ】包丁いらず!丸ごとピーマン煮

子宮の状態を調え、受精卵をお迎えするのに、私はビタミンAとCとEをおすすめしています。

この3つの栄養素をまとめてビタミンACE(エース)といいますが、着床期はこのビタミンエースを積極的にとりましょう。

その中で今日は、ビタミンCたっぷりのピーマンを使った煮物をご紹介。

 

ピーマンを、種もヘタも一緒に丸ごと召し上がったことはありますか?

種も食べるなんて口当たりが悪そう…と思われるかもしれませんが、クタッと煮てしまえば全然そんなことはありません。

 

丸ごとなら包丁いらずなのもポイントですし、栄養素の流出も抑えられます。と、いいことずくめ!

ピーマンを丸ごと使うためのポイント

ピーマンを丸ごと使うには、ちょっとしたポイントがあります。

 

それは、つぶすこと!

 

こうやってギュッにぎって、、、

 

 

爪で切れ目を入れます! そうすると火が通りやすくなります。

そして牛薄切り肉とさっと煮れば・・・、

一切包丁を使わず、おいしい煮物の完成!

 

なかなか一度にピーマンを3個食べることはないと思いますが、ペロッといただけますよ。

一日に必要な野菜の量は350gですが、このひと皿で100gとれるのもうれしいところです。

うちの主人も食べる前は怪訝な顔をしていましたが、「種、気にならないね~」と言っていました。

スポンサーリンク

「包丁いらず!丸ごとピーマン煮」のレシピ

今回は牛肉を使っていますが、豚肉でもおいしく作れます。妊活レシピとしてだけでなく、忙しいときの時短レシピとしてもおすすめです!

材料(2人分)
ピーマン 6個
牛肉の切り落とし 180g
ごま油 少々
水 1/2カップ
醤油、みりん、酒 各大さじ2

 

作り方
1.ピーマンを片手で持ち、ギュッと握りつぶす(煮えやすくするため)。
2.ごま油を熱したフライパンで牛肉を炒め、火が通ったら1を加える。
3.水と調味料を入れ、ふたをしてピーマンがくたっとするまで10分程度火を通す。

スポンサーリンク