【授かるベーシックレシピ】揚げない!ししゃもの南蛮漬け

自分で仕事を始めたら、妊活の栄養個人カウンセリングを始めたいと思っていました。
普段の食事を写メで送ってもらい、それに対してアドバイスを差し上げるといったかんじです。

授かるごはん講座にいらしていただいて、その場では理解したつもりでも、きっと家で実践しているうちにわからないことがでてきたり、そもそも食生活は個人によってさまざまなので、その方にあった無理のない、ストレスのない食生活のアドバイスをできたらいいなと思っています。

主人がシステムエンジニアなのでその仕組みを作ってもらい、弟が素人ながら家業のホームページを作ったので、私のもちゃっかりお願いをし、ようやく完成しようとしています!

ああ、、、長かった。。。主人は仕事が忙しくて夜も遅いし、なかなか「まだできないの?」と言えなくて、休みの日に「やってよー」とも言えなくて、、、本当は去年のゴールデンウイークにお願いをしたので、もう10ヶ月!?
でもやってくれました! ありがとう音譜
そして弟も仕事の合間に素敵なサイトを作ってくれました~。ありがとうラブラブ

来月にはオープンできるはずなので、そうしたらご興味のある方はぜひご参加くださいね!

さて、今日は私が妊活ベーシック食材としてイチオシしている「ししゃも」レシピをご紹介します。
私はししゃもを愛してやまないのですが(妊活的に)、一般的にはあんまり人気がないですよね。
講座でお伝えしても、日ごろ召し上がっている方はほとんどいません…。

でも、栄養はすごいです!
妊活中はぜひ取り入れていただきたいラブラブ!

そこで今日は、暖かくなってきたので、南蛮漬けを。
南蛮漬けは食材を揚げてから漬け込むことがほとんどですが、私は面倒なので揚げません。
ししゃもはトースターで焼いて、そのまま漬けます。
だから簡単にできますよ。

ちなみに、私は調味料を節約するために、いつも南蛮酢は少量にしています。
レシピも少量になっているので、ときどき混ぜてください。
混ぜるのが面倒な方は、南蛮酢を2倍量でつくるといいです。

で、さらに南蛮酢を1回で捨ててしまうのはもったいないので、いつも他のものも後日つけています。
今日は豚肉とごぼうで。
写真、ちょっとしか材料がなかったから、なんだか食べかけみたいですけど…、これで完成品です。

南蛮酢は野菜の水分で少し薄くなっているので、豚肉とごぼうに塩・こしょうをして、片栗粉をまぶします。
それをフライパンに油をしいて焼いて、南蛮酢につけるとできます。
酢が入っているともつので、残った南蛮酢をこんなふうにリメイクすることもできるので、私は暖かい季節はけっこうつくります。

毎月開催♪妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

材料(2人分)
ししゃも 10尾
長ねぎ(又はたまねぎ) 1/2本(たまねぎなら1/4個)
にんじん 30gくらい(彩なので、適当で)

(南蛮酢)
酢・水 各50ml
みりん、醤油 各大さじ2
砂糖 大さじ1

作り方
1.長ねぎはななめ薄切り(たまねぎなら薄切り)、にんじんは細切りにする。ししゃもはトースターで約10分(900W) 焼く。
※ししゃもを焼くときは、アルミホイルの上に油を少量たらし、ペーパーで油を薄く広げ、その上にししゃもを置いて焼くと、くっつかない。
2.鍋で南蛮酢の材料をひと煮立させ、バットに入れ、1の野菜をつける。
3.焼けたししゃもをつける(南蛮酢が少ないので、ときどきひっくり返すとよい)。

—–

スポンサーリンク