【授かるベーシックレシピ】トマトと卵の中華炒め

今日は、夫と娘がふたりで実家に帰省しました。私は仕事があるので、お留守番。

ああ、、、久しぶりの一人の時間ラブラブ ああ、、、うれしいラブラブ

ごはん作らなくていいなんて、家にあるもの適当に食べて済ませられるなんて、この上ない幸せニコニコ

今夜はトマトと卵があったので、タイトルの中華炒めを作って、あとは昨日炊いたきのこごはんだけでおしまい!

スペシャルdayだ~チョキ

で、なんでこの中華炒めが妊活に良いのかというと、授かるベーシック食材である卵、ビタミンDたーっぷりのきくらげ(卵子を育てる!)、ビタミンAたっぷりのトマト(着床しやすくする!)を使っているから。

普通(ネットで検索したところによると)、この炒め物には中華だしの素を使っているレシピが多いけど、うちにはあいにく中華だしの素がないので、生姜とねぎを炒めて風味を出しています。

で、オイスターソースを使えば、中華風だしの素を使わなくてもおいしくできますよ~。

今日は寒かったので、生姜の温め効果も狙って、このメニューを作ってみました。

材料(2人分)

トマト 1個
卵 3個
きくらげ(乾燥) 約6個
長ねぎ 10cm
生姜 1かけ
塩 少々
オイスターソース、酒 各大さじ1
ごま油 小さじ2+小さじ1

作り方

1.トマトは8等分のくし切りにする。卵は溶き、塩を入れて混ぜ合わせる。きくらげは水で戻し、大きければ一口大に切る。
2.長ねぎは小口切り(端から輪切り)、生姜は千切りにする。
3.フライパンにごま油小さじ2を入れ、2を炒める。
4.香りが立ったら溶き卵を流し入れ、手早くかき混ぜて半熟状態で取り出す(元の容器に入れる)。
5.そのままのフライパンにごま油小さじ1を入れて熱し、きくらげとトマトを軽く炒める。トマトの赤い液が少しフライパンにつきだしたら火を止め、酒、オイスターソースの順に入れて混ぜ合わせる。
※火を止めたほうが調味料が蒸発しすぎない。
※オイスターソースを先に入れると煮詰まり過ぎてフライパンにこびりつく恐れがあるので、酒を先に入れる。
※トマトを加熱しすぎると、ぐちゃぐちゃに崩れてしまうので、注意。
6.再び火をつけ、沸いたら卵を戻し入れ、混ぜ合わせる。
7.器に盛り、香り付けにごま油(分量外)を少々回しかける(お好みでラー油でもOK)。

11月のご参加はコチラから♪ 妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

—–

スポンサーリンク