【妊活のコツ】万能ひじきで食生活の底上げを♪

おなじみのひじき。
昔のひじきは”鉄の王様”といわれるくらい鉄分が多い食材でしたが、今のひじきには鉄分が多く含まれていないという悲しい現実があります。
 
でも、ひじきの栄養は鉄分だけではありません。
カルシウムや食物繊維など栄養はいろいろ入っています。
 
たとえば、カルシウムは牛乳と同じくらい含まれていますし、食物繊維に関しては、キャベツの2倍含まれています。
ということで、普段の食事にちょこちょこ使って、食生活の質を底上げしちゃいましょう!
 
で、私がよくやっているのが、この「万能ひじき」。
ひじきを醤油で薄く味をつけて作り置きしておきます。
それをいろいろなものに投入。
 
サラダに入れたり。
 
納豆丼に入れたり。
 
薄味なので主張せず、でも軽く味がついているのでどんなものにもマッチしてくれます。
 
お料理に黒いものが入っていると、「栄養とった気がする~」と思うのは私だけじゃないはず。
そんな気分を盛り上げてくれる(いや、栄養的にも)ストックアイテムです。
 

【妊活&妊娠中の食生活講座】

かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら
かるごはん講座(妊活カラダ温め編)の詳細はこちら
かるごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら
かるごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら
 
■材料(作りやすい分量)
ひじき 15g
水 100ml
醤油、酒 各大さじ1
 
■作り方
1.ひじきは水で戻す。
2.フライパンに材料をすべて入れ、汁気がなくなるまで火にかける。

—–

スポンサーリンク