【妊活のコツ】サラダの栄養をランクアップ!

カリフラワーをいただいたので、ちょっと豆知識を。

先日の春菊は生で食べられる!?
で触れたのですが、カリフラワーは生で食べられます。

ピクルスくらいしか代表メニューがないので、あまり購入する機会はないかと思いますが、カリフラワーはビタミンCの宝庫なんですよ。
野菜の中でトップクラスのビタミンC含有量! しかも、いちごやレモン果汁よりも多いです。とにかくすごくビタミンCが含まれています!

なので、もし安売りしてたらやってもらいたいのが(通常はちょっとお高いので)、房をスライスして生で食べること。
スライスしないと食べにくいですが、薄切りにすればコリコリとおいしくいただけます。
色合いも緑と白のコントラストがついて、美しくなりますし。

あと私の実家の母がよくやってくれるので真似しているのが、レーズンとくるみも入れること。
くるみでオメガ3脂肪酸がとれますし、レーズンはビタミン・ミネラルがなかなかよく凝縮されたドライフルーツ。

これらのトッピングで、サラダの栄養がワンランクアップします!

レーズンはこんな感じで、酢をひたひたに入れて浸しておくと、ほどよくやわらかくなっておいしいですよ~。酸味がサラダにもぴったり。
だいたい2時間くらいひたしておけばオッケー。
残った酢は、ドレッシングと合わせてサラダにかけてしまえばツカえます。

2月の日程はコチラ♪ 妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

—–

スポンサーリンク