【卵胞すくすくレシピ】ホイルで作るから楽チン!カキの味噌マヨホイル焼き

妊活をされている方には、この時期、亜鉛をダントツ含む「牡蠣(カキ)」を食べて!とお伝えしています。

でも私が妊活していたころは、主人が牡蠣が苦手なので、食卓に上がることはなく。

私は牡蠣が好きなので、もっぱら外食で牡蠣フライを食べていました。

そして会社員から自営業になった今、お昼ご飯は自宅で食べることが多く。

今まであまり牡蠣を自由に食べられなかった反動で(!?)、牡蠣を食べることが多いです。

パスタが作りやすいので多いのですが、今日は和食な気分で、このホイル焼きを。

 

トースターに入れておけば勝手にできあがるので、ほんと楽。

レシピは下記にありますが、ちょっと丁寧にかいてあります。

実際の私の作り方は、わざわざ調味料を別の容器で混ぜ合わせず、ホイルに直接調味料を入れて、混ぜ混ぜ(アルミホイルを破かないように注意)。

そして誰もいないので見た目も気にせず、ホイルのままお皿に載せて食べています。そうすると洗い物減るので。

 

と、こんなかんじで気軽に作れるので、もしよろしければお試し下さいニコニコ

旦那さんのおつまみにも。

精子は亜鉛が原料になっているんですよ。

 

【妊活&妊娠中の食生活講座】

かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら 
かるごはん講座(妊活カラダ温め編)の詳細はこちら
マタニティごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら

マタニティごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら

 

■材料(2人分)

牡蠣 120g
長ねぎ 1/2本
A味噌、マヨネーズ 各大さじ1
Aはちみつ 大さじ1/2
A片栗粉 小さじ1

 

■作り方

1.牡蠣はくさみをとるためにボールに入れ、片栗粉(分量外)少々、水を適量入れ、混ぜる。水がグレーになったら、水で流して水気をキッチンペーパーでふき取る。長ねぎはななめ薄切りにする。
2.アルミホイルに1を入れ、Aを合わせたものをかけ、軽く混ぜ合わせる。
3.アルミホイルで包み、トースター(1000w)で約15分加熱する。
4.とりだして混ぜ合わせ、器に盛る。

—–

スポンサーリンク