【ピタッと着床レシピ】万能ダレで、ほたるいかの酢味噌和え

春をかんじる食材がスーパーに出回るようになりました。

私が着床期にとくにオススメしたいのが、春が旬のほたるいか!

私は着床期にビタミンAとCとEをとるようオススメしていますが、ほたるいかはビタミンAとEがすごく多いです。
なので、今までほたるいかに手を伸ばしていなかった方は、ぜひ買ってみてください。

値段のわりにお腹にたまるような食材ではないですが、栄養的には抜群!
ちょっとお高いですが、買って損はありません。体的にはお値段以上の価値となって返ってくるはず。

下処理の仕方としては、まず、左右にある目を親指で取ります。そして足の付け根に隠れている口も親指でかき取ります。
そして、写真のように、頭の先端をこれまた親指でちょっとつまんで取ると、軟骨が取れます。写真、わかります?
目をとる写真も撮ろうかと思っていたら、無意識に目と口を取ってしまっていました…。すみません。。。
でも、やってみると意外と簡単ですよ。

で、今日は菜の花と合わせて(菜の花もこれまた栄養が豊富すぎるので、私は妊活ベーシック食材としています)、酢味噌和えに。

以前ご紹介した「【万能だれ】2:1:1の味噌だれ
」を使えばすぐできますので、よかったら試してみてくださいね。

あと簡単なほたるいかの使い方としては、パスタの具材にすることでしょうか。
ガーリック炒めも合います。なので、アヒージョとかも◎。私はパスタの具にするのが一番多いかな。

ほたるいか、地味な食材かもしれませんが、妊活中の方は注目ですよ!

3月の日程はコチラ♪ 妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

材料
ほたるいか、菜の花(またはわかめでも) 適量
万能味噌だれ 適量
酢 万能味噌だれの半量

作り方
1.ほたるいかは口と目と軟骨をとる。菜の花はゆでて、3-4㎝幅に切る。
2.万能味噌だれと酢を2:1の割合で混ぜる(たれが大さじ1なら、酢は大さじ1/2といった具合)。
3.1を器に盛り、2をかける。

—–

スポンサーリンク