【授かるベーシックレシピ】妊活用に!鶏肉ではなく…ぶりの油淋鶏風(ネギソースかけ)

先日の日曜日に母子栄養協会の妊産婦食アドバイザー養成講座の講師をさせていただきました。
妊婦さん、産後のお母さんに食についてのアドバイスができるようになる資格です。
(次回の妊産婦食アドバイザー養成講座は2月、3月に開催しますウインク
このときもお話ししましたが、妊婦さん、そして妊活されている方にとって青魚は本当に大切。
青魚に含まれる成分は、妊活にあたっては妊娠しやすい体づくりに、妊婦さんにとっては赤ちゃんの神経系の形成などに働きます。
 
今が旬の青魚といえば、ぶり。
 
そしてこれはぶりを油淋鶏(ユーリンチー)の味付けにしてみました。
油淋鶏といえば、鶏で作りますが、ぶりでもおいしく作れます!他の青魚では、サンマとかもGOOD。
 
ぶりを焼いて、混ぜるだけのタレをかけるだけなので簡単です。
ぜひ魚料理のレパートリーのひとつとしてお役に立てば!
 
ちなみに、日曜、月曜と主人と娘が一泊で主人の実家に遊びに行きました。
私は日曜日にこの妊産婦食アドバイザー資格のお仕事があったので留守番だったのですが、久しぶりの一人の時間が確保できてうれしくてうれしくて!
夕飯は、もちろん外食。
夜に一人で外出なんて、なんて久しぶりなの~!と心が躍り、そのままのテンションで翌日は早起きしてホテルの朝食なんぞにも行ってみたり。
ここでも嬉しくてバクバク食べてしまった結果、お腹が全然空かなくてランチを全く食べられず…。
結局夕飯まで何も食べず。そしてリズムが狂ったのか、なんだか体がだるいという。。。
 
改めて思いました。毎日食事を作るのは大変だけど、作る相手がいるから自分も健康でいられるのだと。
当たり前に感謝だなーとしみじみ。そして、調子にのってはいけない。私、今週がんばってます爆  笑
今週土曜日の授かるごはん講座、キャンセルでました。残席1名です!
かるごはん講座の詳細はこちら から
 
■材料(2人分)
ぶり 2切れ
塩 少々
片栗粉 適量
ごま油 適量
(ネギソース/作りやすい分量)
長ねぎ 15-20㎝
酢、醤油 各大さじ2
砂糖 大さじ1/2
ごま油 大さじ1
 
■作り方
1.ぶりに軽く塩をふり、ポリ袋に入れ、片栗粉も入れる。ポリ袋を息で膨らませて風船状にし、振って片栗粉をまぶす。
2.ごま油を熱したフライパンで1を焼く。
3.ネギソースを作る。長ねぎは縦半分に切り、小口切り(端から輪切り)にし、他の調味料と混ぜ合わせる。
4.ぶりを器に盛り、ソースを適量かける。
※ソースが余ったら、トマトにかけたり豆腐にかけたりするとおいしいです。

—–

スポンサーリンク