【妊活のコツ】アニサキス対策!かつおを安心して食べる簡単レシピ♪

昨日は、母子栄養協会の妊産婦食アドバイザー講座を行ってきました!
平日2日間かけての開催。平日なのでお子さん連れもOK。赤ちゃんが2名いらして、久しぶりに赤ちゃんにタッチ♪
なんてかわいいんでしょ、癒されましたニコニコ
 
さて、その講義では、この5月に話題になったアニサキスについても触れました。
アニサキスは、さばやイカ、カツオやいわし、アジやサンマなどに寄生している寄生虫。
 
もともとは魚の内臓にいるんですけど、魚が死ぬと筋肉に移動して食中毒を起こします。
長さ2-3㎝で幅は1㎜くらいのちょっと太い白い糸のような形をしているので、目視することができるんですよ。
 
このアニサキス食中毒が話題になって、今が旬のカツオの売り上げが落ちているとスーパーの鮮魚売り場の方から聞き、残念に思っています。
 
なぜなら、カツオは青魚。
妊活にとっても、妊娠中にとっても、青魚を食べることはオメガ3脂肪酸をとれるので、大切になります。
しかもカツオは鉄分も多いので、オススメしている食材のひとつ。
ぜひカツオを安心して食べてもらいたい!と思って、オススメしたいのは「加熱」をして食べること。
 
アニサキスは70℃以上の加熱で死滅します。
 
竜田揚げにしたり、煮物にしたりすれば、安心して食べられます。
でも最近、より簡単なレシピとしてお伝えしているのは、刺身を買ってきてソテー(焼く)すること。
 
カツオの刺身(切ってあるもの)を2枚か3枚重ね、塩・こしょう、あれば乾燥ハーブ(バジルとか)をふって、オリーブ油で焼けば、焼いているうちに重ねた部分がくっついて、かたまりになります(1枚で焼くと、崩れやすいので、2枚以上重ねるのがおすすめ)。
 
 
それがこれ。
重ねているの、よーく見ないとわからないと思います。
 
カツオ、焼いてもおいしいですよ音譜
ご参考まで!
 
参加者受付中♡

右矢印授かるごはん講座の詳細はこちら から

 

—–

スポンサーリンク