妊活中のカフェインは?コーヒーを飲んでもいいの?

主宰する妊活講座でよく「コーヒーは飲まないほうがいいんですよね?」と質問されます。
このように、妊活中に迷うことのひとつとして、カフェインは良いのか悪いのかということがあるでしょう。
(アルコール摂取については、妊活中はアルコールはダメ?を参照ください)

実際、妊活中はコーヒーは飲まないようにしている方や、デカフェ(ノンカフェイン)やで代用されている方は非常に多いです。
でも、コーヒーだけにカフェインが含まれているわけではありません。
またカフェインは、意外なものにも含まれますので、そのあたりも含め、見ていきましょう。

妊活中のカフェイン摂取の目安

カフェインの効能としては、眠気覚ましといった興奮作用が知られていますが、そのほかにも集中力のアップ、自律神経の働きを高めるといった効果があるといわれています。
ただし、過度のカフェイン摂取は不眠やめまいのほか、妊活に悪影響をもたらすことが指摘されています。
例えば、
・卵管の動きがにぶくなる
・子宮内膜の着床環境が悪くなる
といったことが挙げられます。

ではどのくらいの量なら安心なのかという基準は、日本ではその基準はありませんが、アメリカ生殖医学会(ASRM)は「妊活中のカフェイン摂取は、1日100-200mgまで」としていますので、これを目安にされるとよいでしょう。

カフェイン100-200㎎とは、コーヒーでいえば1-2杯に相当します。
つまり、妊活中にコーヒーを絶対に飲まないほうがよいというのではなく、1-2杯であればOKということになります。

またアメリカ生殖医学会は、カフェイン量が1日500㎎を超えると、不妊の確率が1.45倍になると発表しています。

スポンサーリンク

カフェインが含まれる食品(食べ物)

カフェインはコーヒーに含まれるだけではなく、以下のような飲み物や食べ物にも多く含まれます。
コーヒーだけを注意している方がいますが、他の食品も合わせて200㎎を超えないようにしましょう。

コーヒー 110mg
高カカオチョコレート(100g) 90mg
インスタントコーヒー 80mg
玉露 80mg
抹茶 60mg
紅茶 50mg
煎茶 40mg
ほうじ茶 40mg
ウーロン茶 40mg
ミルクチョコレート(100g) 30mg
番茶 20mg
玄米茶 20mg
ココア 10mg

※飲み物は1杯の値
※玉露は1杯50ml、ココアは1杯4g使用、その他は1杯180mlで算出。チョコレートは100g当り

また、コーラや栄養ドリンク(エナジードリンク)、そして意外にも青汁もカフェインが含まれるものがありますので、飲む際は表示を確認してみてください。
近年では、エナジードリンクによるカフェイン中毒で救急搬送される若者が急増しているという現状もあります。
そしてチョコレートに関しては、カカオ分が多い高カカオほどカフェイン量は多くなります。

まとめ

妊活中にコーヒーを飲むのであれば、1-2杯なら問題ないといえるでしょう。
また、紅茶ならその倍の4杯、緑茶(せん茶)なら5杯といった具合です。

コーヒーであれば、カフェインレスコーヒー(デカフェ)なども上手に取り入れ、ストレスがないようにしたいものです。私の場合は、会社ではインスタントのデカフェを飲み、カフェでデカフェを頼むと時間がかかることなどがあり、外では普通のコーヒーを飲んでいました。そして緑茶も好きなので、バランスを考えながら緑茶とコーヒーを飲んでいました。

また妊娠をした際もカフェインは気になるところですよね。妊娠中のカフェイン摂取もアメリカ生殖医学会(ASRM)は「1日100-200mgまで」としていますので、妊活中と同じ配慮をしましょう。

参考)日本食品標準成分表2015年版(七訂)(文部科学省)

関連記事

妊活中はお酒を控えている方が多いと思います。 でもそういう方たちから話を聞くと「ただなんとなく」「飲酒はいけないイメージがある」という答えをされる方も。 妊活中にお酒は本当に飲んではいけないのでしょうか? ちなみに私は妊活中、会社[…]

ビール