朝食抜きは妊娠を遠ざける

私は、一日朝、昼、晩、3食食べることを妊活ではオススメしています。
でも、妊活講座でお話を聞くと、朝食抜きの方がいらっしゃいます。
(写真ACより)
わかります、、、朝は時間がない。好きで食べないんじゃないこと、すごくわかります。
でも、朝食抜きに限らず、私たちの体は1食抜いただけでも体が軽い飢餓状態になり、次に食べた食事を早く体に取り入れようとします。
すると、血糖値が急に上がりやすくなるのです。
血糖値の急激な上昇は、妊活にはNG。
あと、朝は一番体温が低い状態です。
その低い体温を上げてくれるのが、朝食も役目でもあるんです。
朝、朝食を食べて体温を上げると、体が目覚め、その後の調子が良くなり、冷え対策にもなります。
とくに、大切なのが、朝食でたんぱく質をとること!
肉や魚、卵や豆腐などの大豆製品などといった、たんぱく質の多いものを何かしら食べると体温は上がりやすくなります。
茹で卵1個でもOK。
とくに冷え性の方は「朝食でたんぱく質」は、とっても大切です。冷え改善のひとつのポイントになりますニコニコ
とりあえず、朝はなにかしらのたんぱく源をとるようにしてくださいね。
 
【妊活&妊娠中の食生活講座】
かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら →5月は満席。6月は残席1名。7月の日程は近日掲載します!
マタニティごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら

マタニティごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら

———————-

ご夫婦ふたりで読んでもらうために作りました。

リプロダクションクリニック松林先生との共監修です。

生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術

この書籍を、授かるごはん講座(基本編)ご参加の方、毎回1名にプレゼント中です(じゃんけんで決めますウインク)

 

—–

スポンサーリンク