妊娠前に、「みそ汁、ヨーグルト、納豆」を食べていると、早期早産になりにくい

富山大学から5月9日の発表です。ざっとまとめるとこんなかんじです。
 
(写真ACより)
 
妊娠37週未満の出産を早産といいますが、その中でも、34週未満の出産を「早期早産」と呼び、生まれた赤ちゃんが小さいと後遺症が残る可能性があります。
 
この早期早産の原因のひとつとされているのが、細菌感染。
ヨーグルトや納豆に含まれる乳酸菌や納豆菌は腸に働きかけ、免疫力アップや細菌やウイルスに対する予防をしてくれる働きもあります。
 
これまで欧米の研究から、ヨーグルトの摂取が早産のリスクを減らす可能性があるということが示されてきましたが、味噌汁や納豆といった日本食特有の発酵食品については検討されていませんでした。
研究グループは「妊娠前の発酵食品摂取頻度を約7万8,000人の妊娠女性を対象に評価し、妊娠期間の検討を行ったのは世界で初めてであり、画期的な結果だ」と、述べています。
 
ということです。
 
つまり、以前から言われていますが、発酵食品は体に良いということなんですね。
 
ちなみに、「人は血管から老いる」といわれますが、ポリアミンという成分は若返り物質とよばれ、血管の老化を防ぐとされています。
このポリアミンがあらゆる食品の中でもとくに多く入っているのが、納豆。
ということで、私は納豆にちょっと注目というか、なるべく食べるようにしていますニコニコ
 
富山大の研究発表の詳細はこちらの記事をご覧ください。プロバイオティクスは早産リスク低減につながるのか
 
【妊活&妊娠中の食生活講座】
かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら →5月は1名キャンセルでたので、残席1名。6月は残席1名。7月の日程は近日掲載します!
マタニティごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら

マタニティごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら

———————-

ご夫婦ふたりで読んでもらうために作りました。

リプロダクションクリニック松林先生との共監修です。

生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術

この書籍を、授かるごはん講座(基本編)ご参加の方、毎回1名にプレゼント中です(じゃんけんで決めますウインク)

 

—–

スポンサーリンク