から揚げには緑の野菜を合わせると、妊活ごはんに♪

妊活に葉酸は必須ですが、葉酸の残念な点としては、体内の吸収率があまりよくないことがあります。

それを解決するには、組み合わせが大切。葉酸はビタミンB群と組み合わせると吸収率が上がります。

 

その点、鶏肉にはビタミンB6を筆頭に、ほかのビタミンBもバランスよく含まれています。
ということで、鶏の唐揚げには、葉酸が豊富な緑色の濃い野菜を合わせると、葉酸が効率よく体内に取り込まれます。

で、最近オーブンで作るから揚げにはまっていまして。

いつもから揚げを作るときは少ない油で揚げ焼きにしていましたが、それでも油跳ねがあってコンロが汚れる…。

でも、オーブンならその必要なし。オーブンの庫内もほぼ汚れないニコニコ
なので前日の夜に鶏肉に下味をつけておいて、朝、オーブンで焼いて主人のお弁当に…というのもできるくらい気楽になりました!
おすすめなので、レシピを記載しておきます~。

 

あと、妊活なら、から揚げは酢で食べる!もご参考まで。

———————-

ご夫婦ふたりで読んでもらうために作りました。

リプロダクションクリニック松林先生との共監修です。

生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術

 

この書籍を、授かるごはん講座(基本編)ご参加の方、毎回1名にプレゼント中です(じゃんけんで決めますウインク)

【妊活&妊娠中の食生活講座】
かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら 
マタニティごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら

マタニティごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら

 

■材料(作りやすい分量)

鶏もも肉 300g
A醤油、酒 各大さじ1
Aおろし生姜 1/2かけ分
片栗粉、サラダ油 各適量

 

■作り方

1.鶏もも肉は一口大に切る。
2.ポリ袋に1とAを入れてもみ、30分ほどおく。
3.別のポリ袋に2と片栗粉を入れ、空気を入れて振って鶏肉に片栗粉をまぶす。
4.オーブンの鉄板にクッキングシートをひき、3をのせ、サラダ油をかけてからめる。
5.210℃に温めたオーブンで20分加熱する。

—–