【授かるベーシックレシピ】コチュジャンで本格的!豚肉の韓国風炒め

前回かつおのユッケ丼をご紹介したとき、初めて材料にコチュジャンを使いました。

コチュジャン、買ったはいいけど、他にはどうやって使えばいいの?と思われる方がいるかな~、なんて思っていたら、まさにそのご質問をいただきました…!

なので今日は、こちらの韓国風炒め物をご紹介!

今回は妊活にいいよう、妊活ベーシック食材の「にら」と「赤パプリカ」、そして卵胞の発育を助ける亜鉛を多く含む「豚肉」を組み合わせています。
でも、同じく亜鉛が豊富な牛肉にしてもいいし、野菜はもやしに代えてもいいし、醤油とコチュジャンの組み合わせは意外となんでも合うので、いろいろ試してみてくださいね。

右矢印授かるごはん講座の詳細はこちら から

右矢印妊活食事カウンセリングの詳細はこちら から

材料(2人分)
豚切り落とし肉 160g
にら 1/2本
赤パプリカ 1/2本
にんにく 1/2片
醤油 大さじ1
コチュジャン 小さじ2
ごま油 適量

作り方
1.にらは3㎝幅、赤パプリカは薄切り、にんにくは薄切りにする。
2.ごま油とにんにくをフライパンに入れ、火にかける。
3.にんにくの香りが出てきたら豚肉を入れて炒め、にらと赤パプリカも入れて炒め合わせる。
4.醤油とコチュジャンを入れて混ぜ合わせる。
—–

スポンサーリンク