【卵胞すくすくレシピ】煮干しをイン! きのこの炊き込みご飯

秋です! 炊き込みご飯の季節ですね~。

この一週間で2回も炊き込みご飯をしてしまいました。

ということで、私が妊活でイチオシしている煮干し(煮干しを使おう!
というブログ記事あり音譜)を使ったきのこの炊き込みご飯をご紹介します。

普通、炊き込みご飯に使う出汁は、鰹節や昆布からちゃんと出汁をとったものや、顆粒のものを使われる方が多いかと思いますが、これを煮干しですませちゃいます。

煮干しの頭をとって、水加減した炊飯器にポイポイ入れれば済むので、顆粒だしを使うように簡単。

しかも!

煮干しは亜鉛を多く含むので、卵子の発育を助けてくれますし、きのこはビタミンDを多く含むので、これまた卵子の発育をサポートしてくれるのです。

なので、きのこの炊き込みご飯は卵胞期(生理初日から2週間くらいの間)に召し上がっていただきたいメニューになります。

亜鉛やビタミンDは精子のためにもいい栄養素です。

ぜひご夫婦で召し上がってくださいね!

材料(作りやすい分量)

白米 2合
しめじ 1/2パック
煮干し 6尾
Aみりん 大さじ2
A醤油 大さじ1
A塩 小さじ1/2

作り方

1.洗った白米を炊飯器に入れ、Aの調味料を入れてから水加減をする。
2.頭をとった煮干し(腹わたはとらなくてOK)、いしづきをとったしめじを入れ、炊飯する。

10月のご参加はコチラから♪ 妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

—–

スポンサーリンク