【卵胞すくすくレシピ】だしいらず!かきの味噌汁

昨日も書きましたが、とにかく毎日、いかに短時間で(ラクして…)栄養のとれるごはんを作るかを考えています。

そのひとつというか、純粋においしいのでこの時期よく作るのが、牡蠣(かき)の味噌汁。

牡蠣には亜鉛がたっぷり含まれています。
亜鉛は昔からセックスミネラルと呼ばれているくらい、男性の精子や女性の妊娠にかかわっている成分。
私も講座では、「牡蠣は3月までしか食べられないから、今の時期に積極的に食べて!」と言っています。

この牡蠣の味噌汁は、牡蠣からおいしい出汁がでるので、出汁いらずで作れるのがいいところ。
臭み消しに生姜とねぎはお忘れなく。

この味噌汁にごはんを入れて卵でとじれば、牡蠣雑炊?牡蠣おじや?もできますラブラブ!

2月の日程はコチラ♪ 妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

材料(2人分)
かき 8個
長ねぎ 1/2本
水 2カップ
生姜 1かけ
味噌 適量

作り方
1.かきは水気を切り、片栗粉・塩(分量外、量は少々でOK)をふりかけて混ぜ、水で洗う(そうすると、臭みや汚れがとれる)。
2.長ねぎはななめ薄切り、生姜は千切りにする。
3.鍋に水と1と2を入れて火にかけ、沸いたら30秒くらいで火を止め、味噌を溶く。
※かきは水から入れて、出汁をだします。火にかけすぎると身が縮むので注意。

—–