【ピタッと着床レシピ】里芋でとろみづけ♪クラムチャウダー

卵子と精子が出合って受精をすると、ものすごい勢いで細胞分裂が始まります。
ものすごいエネルギーが必要になります。そのエネルギーのもとを作り出しているのが、鉄分です。
 
鉄は妊活に本当に必須の成分。でもなかなかとりにくいんですよね。
ということで、今日は鉄を多く含むあさりを使ったクラムチャウダーをご紹介。
 
最近、里芋でスープにとろみをつけるのが自分の中で流行っています。
とろろと里芋、両方すりおろして試したんですけど、里芋のほうが気に入りました。
野菜(里芋)もとれるので、今だと娘に気づかぬまま里芋を食べさせられるので、かなりマイブームです。
 
ただ、里芋をすりおろすのがちょっと力がいります。
そして端っこはすりおろすのが大変なので諦めますあせる
で、小さい端っこはそのままスープに投入。
小さければ加熱して火が通るので、具として食べていますニコニコ
 

↓23日のカラダ温め編、空きあります!

右矢印授かるごはん講座の詳細はこちら から

 
材料(2人分)
あさり 20個
たまねぎ 1/4個
にんじん 3㎝
ピーマン 1個
里芋 2個
水 1カップ
牛乳 2カップ
酒 大さじ1
コンソメ 小さじ1・1/2
塩・こしょう 少々
オリーブ油 適量
 
作り方
1.たまねぎは1㎝角、にんじんは1㎝角の色紙切り(厚さの薄い正方形)、ピーマンも1㎝角に切る。
2.オリーブ油を熱した鍋で1を炒め、具材がしんなりしたら水と酒、あさりを入れ、ふたをする。
3.あさりの口が開いたら牛乳とコンソメ、皮をむいてすりおろした里芋を入れ、軽くとろみがつくまで加熱する。
4.塩・こしょうで味を調える。
 

—–