【ピタッと着床レシピ】豚こま肉をギュッとにぎって、やわらか酢豚!

会社を退職して2か月、フリーになって、ちょーっとずつですが、お仕事をいただけるようになってきました。ありがたい!
昔お仕事をしていた方からお声がけいただいて、15年ぶりにお会いしたりして。
その方は女社長さん。仕事をおこすことはだれにでもできます。でも、続けていくことは並大抵の努力ではなしえない。続けていくことの厳しさやアドバイス、パワーをたくさんいただいて、感謝ですラブラブ!

基本にかえり、私がやっていきたいのは、授かるごはん講座と個人カウンセリング。
個人カウンセリングのほうは、ただ今テスト中です。来週には募集を開始できたら、と思っていますので、よろしくお願いいたします!

さて、テレビをつけたら酢豚が出てきたので、久しぶりに酢豚を作りました。

酢豚の基本的な材料は、豚とたまねぎとピーマンとにんじん。
でも、にんじんを下茹でするのは面倒くさい。なので、火が通りやすい赤パプリカで代用します。

赤パプリカは妊活的要素がたくさん!

私はビタミンA、C、Eを着床期にオススメしていますが、赤パプリカはビタミンA、C、Eや葉酸などがかなり豊富。
そして緑のピーマンはビタミンCが豊富。
よってこの酢豚は着床期にオススメです♪

あと、時短をするために、豚肉はかたまり肉ではなくて、豚こま肉を使います。
そのほうが安いし、火の通りも早いし、なんといっても、うっかり加熱しすぎてもかたくなりにくいのがいいところ。

豚肉に塩・こしょうをして、片栗粉をまぶして、手でぎゅっと握ってかたまりにします。強く握ったほうが崩れにくいです。
ぎゅっと握っても、お肉に片栗粉がついているので、お肉がかたくなりにくいんですよ。
詳しくはレシピをご覧ください!

毎月開催♪妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

材料(2人分)
豚こま肉 150g
○塩・こしょう 少々
○片栗粉 大さじ1

たまねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/3個
緑ピーマン 2個
ごま油 適量
(たれ)
酢・ケチャップ・水 各大さじ3
砂糖・醤油 各大さじ2
片栗粉 小さじ1

作り方
1.たまねぎは6等分のくし切り、赤パプリカと緑ピーマンは食べやすい大きさの乱切りにする。
2.豚こま肉はビニール袋(スーパーでもらえる袋)に入れ、塩・こしょう、片栗粉も入れる。袋の口から息を入れて風船状にし、ふって片栗粉を豚肉につける。
3.袋から豚肉を一口大の量取り出し、ぎゅっと握って丸める。これを約12個ほど作り、ごま油を熱したフライパンで両面焼く。
4.豚肉を端に寄せ、1の野菜を炒める(油が少なければ足す)。
5.火を止め、たれの材料を合わせたものを入れ、軽く混ぜたら火をつけてとろみをつける(だまにならないよう、火を止めてから入れる)。

—–

スポンサーリンク