【ピタッと着床レシピ】フレッシュトマトの冷製パスタ

もう何年も前、はなまるマーケットでイタリアンの落合シェフがフレッシュトマトの冷製パスタの作り方を紹介していました。

すごーくおいしそうだったけど、4人分でオリーブ油を150mlも使っていてびっくり!
カロリー計算をすると、オリーブ油だけで1350kcal…。

「おいしいものは脂肪と糖でできている」なんてCMがありますが、まさにそうですよね~。

でも簡単でとってもおいしそうだったので、そのときところどころ変えながら作ってみたのが、これ。

落合さんのレシピとは、かけ離れちゃいましたけど。。。

大量にオイルを使わなくても、本来はトマトを湯むきして、そのあと酸味の強い種を取り除くのですが、それを省略しても…家庭レベルでは満足!

ただ、いろいろ省略してますが、おろしにんにくは入れないとおいしくないです。
前入れ忘れたら、なんだかポイントがないおいしくもまずくもないパスタになりました。
ほんのちょっとだけど、にんにくの効果ってすごいです。

あと、バジルの葉はなくても、なにかしらハーブがあったほうがおいしいです。
バジルの葉をそんな買わないので、ないときはドライハーブ(バジルとかオレガノとかセージとか)をかけて食べてます(色味は悪いですけどね…)。

で、忘れちゃいけない妊活ポイントとしては、トマト

トマトのリコピン(ビタミンA)は、子宮を良い状態に保ってくれる働きがあるので、着床期にオススメです。
ビタミンAは油と一緒にとると吸収率が高まるので、オリーブオイルと合わせている点も◎。

でも、このメニューだけだとたんぱく質がとれません。
なので、お肉や卵が入ったサラダとか、カルパッチョとか合わせると、1食として栄養バランスがととのいますよ。

材料(2人分)
スパゲッティ 180g
トマト 1.5個(小さめなら2個)
Aおろしにんにく 少々
Aはちみつ 小さじ1
A塩・こしょう 適量
Aオリーブ油 大さじ2
バジルの葉 適量(なければ、バジルやオレガノなどのドライハーブでも)

作り方
1.トマトは1cm角の角切りにする。
2.ボウルに1のトマト、おろしにんにく、はちみつ、塩・こしょうを入れて混ぜ合わせる(塩は少し強めがおいしい)。
3.オリーブ油を少しずつ入れ、混ぜ合わせる。オリーブ油とトマトの汁が混じり合って、とろりとしたらOK(乳化成功)。
4.水に対して1%の塩を入れて沸かした湯で、スパゲッティを表示時間通りにゆでる。
5.ゆで上がったら冷水にとり、水気を切る。
6.器にスパゲッティを盛り、ソースをかけ、バジルを添える。

6月は28日に開催! 妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ
(残席1名です)

—–