【ピタッと着床レシピ】サバ缶で、なすとピーマンの味噌炒め(なべしぎ)

夏の定番、なすとピーマンの味噌炒め(なべしぎ)にサバ缶をイン!

メインのおかずとして食べられ、夏野菜の抗酸化作用とサバのオメガ3脂肪酸をとれるので、男女(ご夫婦)ともにオススメになる妊活メニューです。
ちなみに、夏野菜のナスの皮には、ナスニンというポリフェノールが含まれています。
つまり、アンチエイジング作用があるのです。
なので、たとえば焼きナスといったように、皮をむいて食べるというのは、妊活的にもったいない食べ方になります。
あと、よくテレビの料理番組で、縞模様に皮をむく(ストライプみたいに皮を部分的にむく)と、味がしみこみやすくなったり見た目がよくなったりするとやっていますが、そういうのを見ると、「ああ!もったいない…」と職業柄、思ってしまいますあせる
できるだけ、ナスは皮も一緒に食べたほうがいいですよウインク
あと、このメニューを作るときのコツは、サバの身をあまり触らないこと。
混ぜ合わせすぎると、サバがボロボロ崩れて、ぐちゃぐちゃになります(経験済)。
なので、優しく混ぜましょ。
手軽にチャチャっとできるし、ストック食材でできるので、夕飯を作るのが面倒なときのレスキューおかずとして活用していただければと思いますドキドキ
 
■材料(2人分)
サバ缶(水煮) 1缶(190g)
なす 2本
ピーマン 2個
A味噌 大さじ1強
Aみりん 大さじ1
A缶汁 すべて
ごま油 大さじ1
 
■作り方
1.なすとピーマンは一口大に切る。
2.Aを混ぜ合わせておく。
3.ごま油を熱したフライパンで1を炒め、サバ缶の身と2のタレを入れ、軽く混ぜ合わせる(サバの身が崩れやすいので注意)。
 
【妊活&妊娠中の食生活講座】
かるごはん講座(妊活基本編)の詳細はこちら →6月は満席です。7月は残席2名です。
マタニティごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら

マタニティごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら

———————-

ご夫婦ふたりで読んでもらうために作りました。

リプロダクションクリニック松林先生との共監修です。

生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術」(講談社)

この書籍を、授かるごはん講座(基本編)ご参加の方、毎回1名にプレゼント中です(じゃんけんで決めますウインク)

 

 

—–

スポンサーリンク