【ピタッと着床レシピ】かぼちゃの煮物をスープにアレンジ!

まだ梅雨が明けないというのに、なんという暑さでしょっ。

でももう7月も半ばなんですよね。

季節は夏。夏といえば、、、夏野菜のかぼちゃがおいしい時期になりました!

今まで外国産かぼちゃしかおいていなかったスーパーも、国産かぼちゃが置かれるようになってうれしいかぎり。

さっそく国産を買って煮物をつくりました。

かぼちゃの煮物を作る時はたくさんつくります。

なぜかというと、これをアレンジしてスープ(ポタージュ)にするからです!

作り方は簡単。かぼちゃの煮物に牛乳を加えてミキサーにかけるだけ。

むかしは、せっせと玉ねぎを炒めて、かぼちゃを炒めて、、、とやっていましたが、このやり方になってからはかぼちゃのスープはこのやり方をしています。

妊活ポイントとしては、かぼちゃには子宮を健康にするビタミンACE(エース)、すなわちビタミンAとCとEがバランスよく含まれていること!

着床しやすい子宮にするために、かぼちゃは一役買ってくれるはずですよ。

ちなみに、かぼちゃは皮つきで調理しましょう。

皮つきのほうが血糖値があがりにくくなります。

このスープも皮つきでミキサーにかけました。ちょっと皮のつぶつぶがありますが、より妊娠に近づくためには、皮は必須です。口当たりはなめらかなので、問題ありませんよ。

材料(2人分)
かぼちゃの煮物 240g
牛乳 1カップ
塩 少々
お好みで、砂糖や余った煮汁 適量

作り方
1.かぼちゃの煮物と牛乳をミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌する。
2.塩やお好みで砂糖、余った煮汁を加え、味を調える。

ただいま9月分を受付中!妊娠するための食生活 >>>「授かるごはん」講座コチラ

—–

スポンサーリンク